新時代の働き方【フリーランス】とは?収入の仕組みから生活の実態を紹介!

フリーランス.jpg






no-img2

NARU


どうも、NARUです。今回は今話題の『フリーランス』に ついて紹介、説明をしていきますね!




Twitterやインスタで自己紹介文に『フリーランス』の記載を見かけるのが多くなってきました。

結構怪しいDMとかLINEへの誘導があったりとか非常に香ばしい人たちも居るのは事実です。

その香ばしい人達は一旦置いといて、『フリーランス』の実態をご紹介していきます。

あ、ちなみに香ばしい人達の実態はこちら


【スポンサーリンク】





◆フリーランスとは?


まずは、フリーランスと聞いて「何なん?」となる方も居るかと思います。
そして、『自営業』と『フリーランス』って何が違うん?って方も居るんじゃないでしょうか?

結論から言いますと、『自営業』も 『フリーランス』も一緒です。

米を『ごはん』って言うか『ライス』って言うかくらいの違いです。
ちなみに語源としては中世ヨーロッパのどこにも属していない傭兵から来ているみたいです。
フリーランスの「ランス」は槍の事なんですね。
自由の槍とかカッケーす。

デュークモン.png


ん?おかわり自由?

それフリーライスや。


しょうもなっ


とにかく、どちらも企業に属さず、依頼を受けて収入を得る形です。
もちろん法人化している人たちは当てはまらないです。

◆フリーランスの仕事


フリーランスは主にIT関係と思われがちですが、依頼がある仕事は基本何でもです。
それでも職人とか、デザイナー、ライター、作家、絵師など技術職が多いです。

これは、専門性と技術性のある仕事だからこそ、企業に属すよりも多くの収入を得れる形になります。

企業に属して安定した収入は企業からピンハネされたものです。
そのピンハネが企業の利益なんです。

フリーランスのメリットとして一番大きいのは利益をすべて受けれる事です。

しかし、依頼失敗の時のリスクであったり、依頼が来なくなった時の収入の不安定であったりとデメリットもあります。
企業に属していれば、違約金や賠償金だったり赤字の時のリスクは大幅に軽減されます。
月給制ですから。

日本企業の平均利益率は3~5%と言われています。
利益というのは売上から人件費だけではなく事務所の賃料から材料費、光熱費など様々な費用を引いた物です。

ですので、どんな仕事もフリーランスとなって大幅に収入が得れる訳ではありません。

例えばですが、
◆100万円分の焼きそばを屋台で売ります。

【企業として売った場合】
・出店料・・・5万
・材料費・・・10万
・人件費・・・20万×4人=80万
・光熱費・・・3万
合計98万円
利益は2万円です。

【フリーランス(1人)として売った場合】
・出店料・・・5万
・材料費・・・10万
・光熱費・・・3万
合計18万円
利益は82万円です。
この利益はすべて自分の報酬です。

一見フリーランスの方が儲かると思いますよね。
しかし、あくまで計算上の話です。

現場では何が起こるかわかりません。
様々な問題が発生します。

・100万円売上れるのか?
・企業側が4人に対してフリーランスは1人。4倍のエネルギーが必要。
・かと言って人を増やしたら自分の報酬が減る。
などなど

フリーランスは赤字や売上の不安定さがあるので、なるべく費用を抑えれるビジネス、そして費用対効果の高いビジネスが重要です。

例えばプログラマーとしてフリーランスになった場合、HP作成代行の案件を1件10万で請け負います。

PCと必要なソフトを持っていれば必要な費用は電気代くらいでしょう。
費用を抑えて報酬がほぼ残ります。

なので、IT関係や技術職のフリーランス化が流行っているのです。

◆フリーランスに必要な事


フリーランスに絶対的に必要な事、それは能力です。

前述にある1件10万円のHP作成代行に掛ける時間は何時間かけます?

1時間?10時間?100時間?

仕事の能力で収入が変わります。
1時間だと時給10万
10時間だと時給1万
100時間だと時給1000円

月の収入にすると、月に何件の案件をこなせるか?で決まってきます 。

つまり、フリーランスになると能力が収入にダイレクトに繋がります。

他にも質の高い仕事には依頼が多く集まるという観点からも、能力は収入に欠かせません。

突出した能力がある人はフリーランスの方がいいかもしれませんね。

◆始め方がわからない


いざフリーランスになろうにも始め方がわからない。
そんな方ばかりだと思います。

余程の能力があるか、業界が狭くない限りは自分のブランドは1から作らなければなりません。

聞いた事ないメーカーのパソコンと富士通のパソコン、同じ値段だったら富士通のパソコン買いますよね。
多少安くても無名のメーカーは選ばないかもしれません。

どうしたら仕事を獲得できるのか?
これが重要です。

フリーランスの案件紹介サイトや団体もありますが、結局ピンハネされるので企業に属するのと変わりませんよね。

長い目で見ればコネが作れそうなものですけど、そんなん普通に企業で勤めてても出来る。
なのでそういった団体やサイトを使う必要性を感じません。
最終手段だと思っとけばいいんじゃないでしょうか?
一応、企業と違って期日さえ守れば働き方は自由にできますし。

おススメはクラウドソーシングで確実に自分のブランドを上げる事です。

個人からの注文が多いですが、個人から法人に伝わる可能性もあります。

無料の宣伝方法は山ほどあります。
・SNSを使う
・Youtubeに動画を上げてみる
・顧客に顧客を紹介してもらう
など

経営手腕の見せ所です。

技術や能力高くても、ただ仕事をこなすだけの人は中々スロースタートになるかもです。








◆まとめ



まとめると、フリーランスってカッコよく言ってるけど自営業って事だよ('ω')ノ



では、今回はここまで(/・ω・)/

【関連記事】
・【副業】稼げるネットビジネスのお勧め5選
・島田紳助が語る成功の方程式とは

・堀江貴文の近畿大学のスピーチがすごい


【スポンサーリンク】



この記事へのコメント

人気記事