Twitterの現金プレゼント企画について調査してみた!

どうも、NARUです。

今回は最近Twitterで流行っている『現金プレゼント企画』についてです。

10万円を100人にプレゼントとか、、、

普通に考えてあり得ないですよね?

これが本当にあり得るのか調べてみました。

yF0_hrCL_400x400.jpg



まず、結論から言いますと、99.9%『真っ赤なウソ』です。

どのようなカラクリになっているのか、説明しますね!





【スポンサーリンク】





◆現金プレゼント企画とは



まず、現金プレゼントや高額賞品プレゼントなどTwitterでは様々なプレゼント企画が流れています。

その多くが「フォロー」「リツイート」が条件となります。

これには明確な『目的』があり、この目的が読めない場合は詐欺が多いですね。

例えばYoutuberが認知度を上げる為に行ったり、ネットショップが集客を広げる為に行ったりする場合が多いです。

ただ、多くの場合は『現金』ではなく、『物品』で行います。

ゲーム機、トレーディングカード、プリペイドカードなどなど

しかし、たまに「人助けをしたいので100万円を10人に抽選でプレゼントします。」と

謎目的のキャンペーンが存在します。

本当にあるかのように現金の画像を使用し、中には現金と一緒にアカウントのIDまで載せている巧妙さもあり、

参加してしまう人も多くいます。

まぁ、「参加条件」はタダですので、、、

受け取り条件」はどうですかね、、、


◆受け取り条件とは?




フォローとリツイートしたら、ほぼ当たります。

そしてDMが飛んできます。

そう、「受け取り条件」です。

パターン1. LINEを友達追加して欲しいと条件を付けてくる
パターン2. URLが記載されていて、無料登録やFXや仮想通貨の口座開設が条件となっている
パターン3. 送料や手数料など、何かしら理由をつけてお金を要求してくる


などなど、、、

基本的には、当たりますが受け取り条件を満たしても現金やプレゼントは貰えません。





◆結局何が目的なの?



はい、目的はお察しの通り「お金」です。

まず、パターン1と2ですが、何かに登録させて、「アフィリエイト」を行っている場合が多いです。

アフィリエイトについてはこちら

もちろん、アフィリエイトが悪い訳ではありません。

やり方に問題があるのです。

サイト登録、メルマガ勧誘、アフィリエイトURLなど企画者の利益として還元されるものは

『クローズド懸賞』とみなされるため、法律的に問題が発生してきます。

例えば、そのサイト登録によって成果報酬が発生したのち企画者に全て報酬が渡った場合、

企画者の情報が不明確だと『詐欺罪』に問われる可能性があります。


パターン3については、もうこれ振込詐欺ですよね、、、

もちろん、パターン1~3はプレゼントが届く筈もなく、アカウントは消え去る事になります。



◆応募はしたらいけないのか?



いけないことはありません。

リツイートもフォローも無料です。

最近ではレペゼン地球が1億円分の商品プレゼントキャンペーンを行っていますし、私も応募しましたしw

ただ、当選して受け取りまでの過程でパターン1~3に該当する物であれば

直ちに身を引くのが良いでしょう。


本当に色々なプレゼント企画がありますが、

応募する際は自己責任となりますので、しっかり判断してください。



では、今回はここまで(/・ω・)/


【関連記事】
・Twitterのネットビジネス系大学生のDMは実際どうなん?


【スポンサーリンク】



この記事へのコメント

人気記事