【キャッシュフロークワドランド】仕事の捉え方は人生を左右する

どうも、NARUです。

今回はロバート・キヨサキ著の『金持ち父さん貧乏父さん』で解説されている

キャッシュフロークワドランドについてお話していきます。

前回の記事にも出しましたが、今回はより詳しく解説していきます。

topimg_original.jpg


まず、『金持ち父さん、貧乏父さん』について知らない方もいらっしゃると思いますので、

内容をざっくりと

2人の『金持ちの父さん』と『貧乏な父さん』に同時に教育を受けて

作者のロバート・キヨサキが2人の父から学んだ事が書かれています。

いわば、『お金持ちになる為の考え方』が記されているのです。





<スポンサーリンク>






■キャッシュフローとは



「キャッシュフロー」とは、お金の流れのことをいいます。

一定期間に流入するお金をキャッシュ・イン・フロー、

流出するお金をキャッシュ・アウト・フローといい、両者を総称して「キャッシュフロー」といいます。

お金の流れを4区分で分け、所得としてのお金の流れを表しています。



■キャッシュフロークワドランド



どんな人も所得は4つのタイプに分かれます。

book-001.png


E Employee(従業員)
S Self Employee(自営業者)
B Business Owner(ビジネスオーナー)
I Investor(投資家)


この4つですが、大きく2つにくくると『労働収入』か『権利収入』かの括りになります。

従業員と自営業者は自力で稼ぎ続けるため、一生、お金のために働く事になり、自由な時間が得られない。

ビジネスオーナーと投資家は他力で稼ぐため、いつかは経済的にも時間的にも自由を得られる。

自分で働いてお金を作るのか、お金を作るシステムを作るのかが結果に大きな差が付いていきます。



■考え方の違い



ビジネスオーナー、もしくは投資家にならないと、経済的かつ時間的に余裕が出来る事はありません。

働くのが生きがいであれば話は別ですが、殆どの人はお金も時間も欲しいと思う筈です。

ですが、多くの方はこれを目指しません。

正確には、なり方が分かりません。

株やFXは投資家ですがすぐ出来ます。

しかし、永久的に稼げる様になるには莫大な経験と知識が必要になります。

では、ビジネスオーナーや投資家はどのようにそのポジションを築いたのか、

それは『考え方』です。普通の人の考え方では、お金稼ぐ方法=働く事ですよね。

では、仕事を決めましょう。サラリーマンで手取り月20万円です。年収350万円です。

最後に、月20万の収入で貴方はどんな生活を送りますか?

どんな生活が想像できましたか?

たとえば、家賃6万、光熱費1万、通信費2万、食費4万、交遊費2万、貯金3万

貯金を毎月3万円しようとしたら、上の様な形になります。

ワーキングプアと呼ばれている人が1000万人以上居ますが、この方達は年収200万以下と言われています。

しかし、物価や税金が上がれば年収300万の人も含まれてくるでしょう。

では、B・Iの考え方ですが、

まずは生活に焦点を当てて下さい。

どんな生活を送りたいですか?

その生活は月に、また、年間でいくら必要ですか?

では、その金額を稼ぎ上げるにはどの手段(仕事)がありますか?

お気づきでしょうか?

日本の教育では『将来の夢』は職業なんです。

『将来の自分がどう在りたいか?』と言う夢の選択はありません。

職を決めて⇒収入が決まり⇒生活が決まります。

しかし、時間や経済的に困っていない人は

欲しい生活を決めて⇒欲しい収入を決めて⇒その収入を得れる職を決めます。

根本的に逆なんですね。


今回お話したのは『金持ち父さん貧乏父さん』という本の内容のほんの一部です。

まだ知らない『お金の見識』が広がると思います。

金持ち父さん貧乏父さん改訂版 アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 [ ロバート・T.キヨサキ ]

価格:1,728円
(2018/5/10 17:52時点)
感想(20件)





では、今回はここまで(/・ω・)/


この記事へのコメント

人気記事