AdSenseで稼ぎ始めるならGoogleの理念を理解しよう

どうも、NARUです。

今回はGoogleAdSenseを所得して、

自分のサイトやブログを収益化しようと考えている方は必見です。


F32F8516-A0C0-4BE1-9D24-99B2B69C72B8.jpeg


Google AdSenseを始めると言う事は

世界的大企業であるGoogleのビジネスパートナーであります。

もちろん、立場的にはそこまで良い物ではありません。

世界的な企業ですので、ちゃんと優先順位が決まっています。




【スポンサーリンク】





■Googleが掲げる10の事実



1.ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
2.1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
3.遅いより速いほうがいい。
4.ウェブ上の民主主義は機能します。
5.情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
6.悪事を働かなくてもお金は稼げる。
7.世の中にはまだまだ情報があふれている。
8.情報のニーズはすべての国境を越える。
9.スーツがなくても真剣に仕事はできる。
10.「すばらしい」では足りない。

上記のような理念をGoogleは掲げています。

全てを説明するのはまた今度にしますw

今回は、『ユーザー第一主義』である事に関してです。


■ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。



Googleの優先順位は

”ユーザー > 広告主 > Google > メディア運営者”となっています。

この優先順位を逆から考えれば、Googleがメディア運営者(広告を自分のブログやサイトに張る人)に

何を求めているのかが分かってくるかと思います。

まず、”メディア運営者”は何をしたらGoogleの為になりますか?

それは、『広告主から広告のお金が入ること』ですよね。

では、次は”広告主”の為になる事は?

『多くの方に認知されて、掲載された商品やサービスが変われる事』ですよね。

最後に、”ユーザー”の為になる事ですが、

『より良く正確な情報を手に入れるや質の高いコンテンツを見る事』です。

まとめてみました。

・質の高いコンテンツや情報である事
・自然なクリックを増やして興味を持ったユーザーを広告先へ
・広告主が広告を掲載したいと思うコンテンツ


基本的には情報は中級者以上向け、コンテンツはオリジナリティのある物

これはAdSenseを行う上での原則です。

<スポンサーリンク>







■具体的にユーザーの為になる情報とは



それでは、今からAdSenseを始める方はどんな記事を出したらいいのでしょうか?

まず、記事のカテゴリを統一しましょう。

これは、バラバラな記事よりも、纏まって居た方が関連記事にも興味を持って貰いやすいからです。

そして、基本的には『好きな事』や『得意な事』を書くようにしましょう。

これには2つ理由があります。

・好きな事なら続けれる
・好きな事なら詳しく記事を書ける

Googleのポリシーを守れば何だっていいです。
※18禁や犯罪などはNGです。

ただし、単なる日記はやめましょう。

有名人で無い限り、他人の日記に興味は持ちませんよね?

例)
◆花が好き⇒花言葉や育て方など
◆野球が得意⇒プロ野球の試合解説や考察、トレーニング方法など
◆ビジネス経験がある⇒新社会人の為のビジネスマナーや自己啓発

などなど

あなた知識は質の高いコンテンツとして整理すれば、他の人の為になるかも知れないのです。


■ポリシー違反



AdSenseをやっていくにあたり、取り扱ってはいけないカテゴリや表現などもあります。

・アダルト
・反社会的な物
・違法関係
・年齢制限のされている者(タバコやお酒)

何をやったら完全にアウトでどこまでがセーフなのかはGoogleの采配によるので明確にはありません。

しかし、危ないのは手を出さないに越した事は無いでしょう。


これからやろうと考えている人は

この記事へのコメント

人気記事