おすすめレンタルサーバー【結局どこがいいの?】

どうも、NARUです。

今回はサイトやブログを運営するに当たって、ドメインとサーバーが必要になってきます。

もちろんサーバーについては無料でも可能ですが、収益化の安定を求めるのであれば必須です。

server5-1.jpg





まず、レンタルサーバーの前に、まず「サーバー」とは何でしょうか?

【スポンサーリンク】






◆サーバーについて

簡単に言うと、サーバーとは、クライアントと呼ばれるPCやスマホなどからのリクエストに基づいて、

自分の持っている情報を提供するコンピューターのことを指します。

たとえば、あなたがあるホームページを見たいユーザー側の場合、

クライアントを通じてサーバーに対してホームページのデータを提供するようにリクエストを行います。

サーバーはそのリクエストに基づいて、クライアントに対して該当するデータを提供します。

こうしてあなたはホームページを閲覧できるというわけです。


◆レンタルサーバーについて

レンタルサーバーとは、文字通りそのサーバーを貸し出しをしているサービスです。

自分でサーバーを用意して運営したりするためには、そのためのコンピューターを用意して設置する場所も用意しなければなりません。

24時間設備を起動したままにしておく必要があることが多いので、その分電気代などのコストもかかることになります。

レンタルサーバーを利用すれば、業者側でコンピューターの準備や管理をしてくれるため、コストが低減できます。

レンタルして利用してホームページを公開する場合、

ホームページの作者はサイトのデータをまとめてレンタルサーバー業者の運営するサーバーに対して転送します。

一方、そのホームページを見たい複数の一般ユーザー(お客様)は、

レンタルサーバー業者の運用するサーバーにアクセスしてホームページをみるという仕組みになっています。


◆レンタルすることのメリット

レンタルである事のメリットより、無料である事のデメリットの方が分かりやすいでしょう。

~無料サーバーでの問題点~
1.広告の掲載を義務付けされてるとことが多い
2.独自ドメインが利用できない
3.「CGI、PHP、MySQL」などのプログラムが使えない
4.メールアカウントの提供はしてない
5.収容人数が大量に押し込まれて、負荷が掛かり過ぎる
6.データ転送量が欠しく、多くのアクセスが見込めない
7.人件費が必要となるサポート体制の強化が計れない
8.思った通りのホームページの作成が困難
9.いつサービスが終わるか分からない

なにより一番最後のが一番キツイですね。

ようやく月10万ほど収益化に成功したブログが一瞬で無くなります。

ネットビジネスは基本的に訪問者数に依存していて、

それを大きくするのにどれだけの時間を費やすのか、、、


◆サーバーの種類

共用サーバー
1台のサーバーを複数のユーザーで共有して使うサービスをさします。
サーバーの設定や運用は全てレンタルサーバー業者が行ってくれます。
サーバーの料金は共有するユーザー全員で負担するため比較的安価ですが、個別のユーザーの都合でサーバーの設定を変更できないため自由度は高くありません。

専用サーバー
特定のユーザーが1台のサーバーを専有して利用できるサービスです。
契約者の好きなように設定ができるため自由度が高いことに加え、1台のサーバーを複数人で共有する共用サーバーと比ベスペック(性能)が高いことが特徴です。
その一方で、サーバーの設定や運用は契約者が行う必要があり、その分専門的な知識が必要で負担がかかります。
一方、コンピューターを購入して自宅にサーバーをたてる場合と異なり、スペースを用意したり電気代を支払ったりという必要がない点はメリットといえます。

VPS(仮想専用サーバー)
共用サーバーと専用サーバーが合わさったようなサービスです。
1台のサーバーを複数人で共有する点は共用サーバーとかわりませんが、1台のサーバーの中で契約者ごとに領域を区切りあたかも1つのサーバーのように設定されて(仮想化されて)提供されるため、自由度は専用サーバーとほぼ変わりません。
また、共用サーバーよりもスペックが高いことも特徴です。
その代わり、専用サーバーのようにサーバーの設定や運用を契約者自身で行う必要があります。

「家」に例えると、専用サーバーが一戸建てで共用サーバーはアパートやマンション、VPSは分譲住宅と言えば分りやすいでしょう。

クラウドサーバー
前の3つと比べると最も新しいタイプのサービスです。
1台(複数)のコンピューターを複数人で共有することはVPSと変わりませんが、必要に応じて柔軟に利用するスペックを追加したり減らしたりできるため、VPSより高機能です。


◆結局どれがいいの?


初心者~中級者は共用サーバーかVPSで良いでしょう。

ただ、共用サーバーでも問題無いのですが、長い目線で考えると

自由度の高いVPSを選択した方が尚良しです。

おすすめはGMOが提供する高速VPSサービスです。

Windowsサーバーと言いますとLinux系サーバーより高い印象がありますが、ConoHaはたったの1800円/月から利用可能です。

●リモート接続でいつでもどこでも接続できる
 時間や場所にとらわれず、自宅やオフィスのPCからはもちろん、スマートフォンやタブレット端末でも
 リモートデスクトップアプリから自由にリモート接続ができます。
 いつでも、どこでも、安全・手軽にサーバー状態の確認やサーバー操作が出来るから大変便利です。

出先でも操作が可能なので、非常に便利です。


●24時間365日の有人監視、安定稼動
 専門の技術者が24時間365日サーバーを監視していてくれるから、
 サーバー利用者にとっては大変心強く安心のサービスです。

有事の際に心強く、非常に安心できるサービスです。

以前記事にしましたが、本気で収益化を考えるならこの投資は間違い無いです。

例えばあなたが会社を設立するとして、格安だが駅から遠く狭い事務所にするか、割高だが駅から近く広い事務所にするかの違いです。


◆共用サーバーなら





◆VPSなら





今回はここまで(/・ω・)/

この記事へのコメント

人気記事