転売ビジネスを始める方へ

どうもNARUです。

今回は転売について記事にしていきます

転売ビジネスは資金や在庫面での問題が出てくる事もありますが、

最初のほうは利益は少ないですが、無在庫転売で資金を調達しましょう。


shopping_tenbai.png




転売ビジネスについてですが、世間的に悪いイメージがありますよね。

それは取り扱う商品によって違法性の有無が変わるからです。

転売を行う上で扱っては行けない物が下記の通りです。

・コンサートや試合などのチケット類
・違法コピーしたデジタルコンテンツ(海賊版などです)
・偽ブランド商品(偽ブランドかどうか分からない事が多いので、手を出さないのが一番いい)

これは絶対に手を出してはいけません。


犯罪行為なので捕まります。



【スポンサーリンク】





転売とは



そもそも転売目的で購入した商品を売るという行為を「転売」と言います。

正式には「古物商」の許可が必要です。

個人的に要らないものをオークションやフリマサイトで売り払うのは転売とはなりません。

売る目的で購入しなければ転売とはなりません。

ここらへんはグレーゾーンになりますが、古物商を取らず「自分で使っていた、あるいは自分が使用しようと思って購入したものを

オークションにだしただけ」と装って転売する方もいます。

ちゃんとビジネスとして捉えてやるのであれば、しっかり古物商を取得しましょう。

2万円くらいですぐに取得出来るので、リスクヘッジとしては激安でしょう。

転売を始めるには



これから始める方は『無在庫転売』から始めるのがオススメです。

通常は、売れそうな物を仕入れてから仕入れ値より高値で販売して利益を出すものです。

無在庫転売とは、仕入れる前に商品を出品して、売れたら売れた分のみ仕入れて販売する事です。

通常の転売で起こりえる問題は次の通りです。

1.在庫が履けない
2.資金がかかる
3.在庫の保管場所が無い
4.商品の市場価格変動

これらを全てスルーして行えます。

しかし、通常の転売より発送に時間が掛かったり、メルカリなどのアプリでは無在庫転売を禁止していたりもします。







どこで転売するの?



転売に有用なのが

【オークファン】
オークションの落札相場ならオークファンに登録! 月額324円が今なら初月無料!


【モバオク】
オークションやるならモバオク!


こちらのサイトをオススメします。

特にモバオクは出品手数料が掛からない為、非常にありがたいです。

転売までの流れ



①まずはAmazonなどから売りたい商品をリサーチします。

②その際商品データなどをコピーしそれをモバオクで出品しておきます。

③購入されたら情報を入力して直送します。

④そして購入者に商品が届いた後に売上金が入ってくる





非常にシンプルかつ時間や手間が最小限で、スマホ1台で可能です。

無在庫であれば赤字のリスクは0です。

新たなビジネスに腰が重い人は一度やって見ては如何ですか?

では、今回はここまで(/・ω・)/




この記事へのコメント

人気記事